さが美ホーム > お役立ち情報 > きものの着方

きものの着方

さあ、いよいよ着付けの本番です。
以下の手順に沿って丁寧に進めていきましょう。

きものの着方の手順

1.きものをはおる

きものを後ろにまわし、衿先(えりさき)をもって肩からはおります。

2.背中心で合わせる

背中心がまっすぐになるように袖口を軽く引きます。

衿先(えりさき)をもち、左右を前正面で合わせます。

きものの衿は、長襦袢より少し高くして衿の背の中心を一緒にクリップでとめます。

3.上前の幅を決める

手の届く範囲で左右の衿先をもち、きものを脇の下までもちあげます。体に添わせながら、裾を床すれすれの長さまで平行に下ろします。

上前の裾を右足の脇に合わせ、きものを着たときの丈と幅を決めます。

※チェックポイント
・上前の衽線(おくみせん)を小指の端に合わせます。

4.下前を合わせる

上記「3.上前の幅を決める」で決めた上前の位置を動かさないように注意しながら、一端上前を左に広げ、下前を巻きます。

その後、きものが右足のふくらはぎにつくように褄先(つまさき)を3~4cmほどあげると、裾つぼまりになります。

5.上前を合わせ、腰紐を結ぶ

上前の褄先(つまさき)を少し上げながら合わせ、上前が足の甲に少しかかる位置で腰紐を結びます。

右手でしっかり衿の端を押さえ、腰紐の中心を右腰に持ってきて紐を後ろにまわしてひと締めし、前に回して紐をふたからげして交差し、両脇で腰紐に引っ掛けます。

※チェックポイント
・きものの着丈(きたけ)は、裾がかかとスレスレになるように調整します。
・腰紐はヒップのふくらみの上を通るよう後ろ上がり、前下がりに決めます。

6.お端折(おはしょり)をつくる

前のだぶついた部分のしわを伸ばし、お端折をつくります。

脇下の空いた部分(身八つ口)から手を入れて後ろのたるみも伸ばします。

きものが腰紐にひっかかっていないかチェックします。

7.掛け衿を合わせる

左右の掛け衿を身体の中心で合わせます。このとき背縫いが背中心にくるようにします。

※チェックポイント
・半衿の出かたが左右均等であるかチェックします。

8.下前衿を留める

長襦袢の衿にそって下前の衿を整えてから胸紐(腰紐ともいいます)をかけます。

胸紐は、胸下で中心をあわせてから後ろで交差させ、前にもどして2回からげて交差してからわき下ではさみ込みます。

※チェックポイント
・お端折(おはしょり)が一重になるように下前を折り上げます。

9.背中のシワをとる

前身ごろ(胸紐の上下)によったシワは、両脇にひっぱり、背中のシワも同じように両脇へひっぱって伸ばします。

10.脇の部分をきれいに整える

後ろの身ごろを前に引っ張り、前の身ごろをその上にかぶせるように重ねます。

ひっぱった身頃が脇で余るようなら折りこんでダーツ状にします。

きもの衿は後ろは長襦袢よりも1cm高く、首の横で同じ高さに、衿の根元で長襦袢を2cm出します。

11.伊達締め(だてじめ)をつける

お端折(おはしょり)をきれいに整え、伊達締めをしめます。下前のお端折の部分を身八つ口から手を入れて引っ張り上げ、お端折を上前一枚だけにします。

お端折の長さは帯下から指1本分程度です。

お端折が長い場合、余分を持ち上げて下のラインが水平になるよう整え、伊達締めでもろもろを隠すように巻きます。

12.チェック

最後に着姿をチェックします。

※チェックポイント
(正面)
・半衿の出かたが左右均等か。
・胸元からお端折にかけて余分なシワがないか。
・きものの丈(たけ)が長すぎたり短すぎたりしていないか。
(背面)
・半衿がきものの衿から出ていないか。
・背中心が身体の中心にきているか。まっすぐになっているか。
・背中に余分なシワがないか。
・すそつぼまりになっているか。

ページトップへ