さが美ホーム > お役立ち情報 > 帯の結び方 > 貝の口結び

帯の結び方 ◆ 着付け小物チェックリストはこちらからダウンロード出来ます。

きものは、帯の結び方によってガラリと着姿が変わるので、同じきものでも様々な楽しみ方ができます。
ここでは、基本的な帯結びである「お太鼓結び」「文庫結び」からアレンジした結び方まで、いろいろな帯結びの種類を紹介します。

着付けをご希望の方・着付けを習いたい方はこちらから >

貝の口結び(半巾帯)

貝の口は、帯の長さが決め手です。長い帯の場合は3回巻くなど、調節しながら結びます。

1.

  

手先の長さを決めます。
手先は、50cm(帯巾の約3倍)程とります。

2.

  

輪を上にして二つ折りにした手先を前中心にあてクリップでとめます

3.

  

帯を一巻きして、締めます。

4.

  

二巻し、帯の下線を持ち、締めます。

5.

  

手先とたれを体の中心に持ち、同寸の長さを測ります。

6.

測った長さの残りを内側に折りこみます。

7.

  

たれを上、手先を下になるようにします。

8.

  

たれが上になるように結びます。

9.

  

たれをおろし、内側に斜めに折りあげます。

 

10.

  

手先の輪が下になるようにたれに通します。

11.

  

帯の形を整えます。結び目の角が合っていると美しく見えます。
※ここがポイント!

12.

  

出来上がった帯の結び目の上の部分と左脇の帯下を持ち、時計回りの方向(右回し)にまわして、貝の口結びの完成です。

ページトップへ