さが美ホーム > お役立ち情報 > 帯の結び方 > 貝の口結び(ゆかた)

帯の結び方

きものは、帯の結び方によってガラリと着姿が変わるので、同じきものでも様々な楽しみ方ができます。
ここでは、基本的な帯結びである「お太鼓結び」「文庫結び」からアレンジした結び方まで、いろいろな帯結びの種類を紹介します。

貝の口結び(半巾帯)

貝の口は着物の帯結びの中では最も一般的な結び方です。ぜひ覚えておきましょう!

1.手先の長さを決めます

帯板をつけておきます。
手の幅を半分に折り、手先から40cmのところをクリップで帯板に留めます(15cmくらい肩にかかる程度)。

2.帯をもうひと巻きします

帯をもうひと巻きします。
右手でタレの下側を、左手で手先の根元を持ちしっかり締めます。

3.手先とタレを平行に並べます

タレと手先を体の前で平行に並べあわせ、手よりタレのほうが5~10cmほど長くなるようにして余ったタレの部分を内側に折り曲げます。

4.交差させます

そのまま二重になったタレを上にして交差させます。

5.ぎゅっと結びます

手はそのまま下に、タレを内側に折り上げてぎゅっと結びます。

6.タレを広げます

タレの根元をきれいに広げます。

7.貝の形をつくります(1)

タレの先が左に出るように、斜め左に内側に折り曲げます。

8.貝の形をつくります(2)

手先をタレの折り曲げた中に通すと貝の形が完成します。


・帯に余計なシワができていないか
・手先とタレが長すぎたり短すぎたりしていないか

9.貝の形を後ろに回します

貝の形を時計回りに後ろに回せばできあがりです。


・手先とタレは2対1の割合で出るのが目安です。

ページトップへ