さが美ホーム > お役立ち情報 > 帯の結び方 > 片蝶結び

帯の結び方 ◆ 着付け小物チェックリストはこちらからダウンロード出来ます。

きものは、帯の結び方によってガラリと着姿が変わるので、同じきものでも様々な楽しみ方ができます。
ここでは、基本的な帯結びである「お太鼓結び」「文庫結び」からアレンジした結び方まで、いろいろな帯結びの種類を紹介します。

着付けをご希望の方・着付けを習いたい方はこちらから >

片蝶結び

「片蝶結び」はリバーシブル帯のアレンジです。動きにつれて揺れるリバーシブルのたれ先と、帯前のアレンジがくっきり華やか。体型カバーもしてくれる帯結びです。
帯の巻き方は右から左に巻く関東風と、左から右に巻く関西風があります。ここで紹介する帯結びは、関東風です。
監修・大久保信子(きものスタイリスト)

1.手先の長さを決めます

て先を半分に折り、からだの中心から40センチのところを左手で持ちます。

2.帯をもう一巻きします

て先が上になるよう、二巻きします。

3.たれ先を広げます

二巻き目を巻くとき、帯の後ろを中心から上へ折り上げます。

4.手先を上に交差させます

たれ先を脇から三角形に折り上げます。

5.ぎゅっと結びます

て先が上にくるよう、帯の上線の位置で結びます。

6.結び目をねじり上げます

て先が上にくるよう、結び目をクロスしてねじり上げます。

7.たれ先を広げます

帯の上線の位置でたれ先を広げます。

8.たれ先で羽根をつくります

結び目から羽根を右に返します。

9.たれ先を折り返します

たれ先を折り返しながら羽根をつくります。

10.羽根の中心にひだをつくります

羽根の中心に、W字型のひだ「中山ひだ」をつくります。

11.羽根の中心に手先をおろします

右手で持っているて先を、結び目の下から上へくぐらせます。

12.余りの手先を帯の中に入れ込みます

余ったて先をくるくると手前に巻き上げ、帯の中へ入れ込みます。

13.結び目を帯の中に入れ込みます

帯の上線で結び目を隠すようにします。

14.形を整えます

たれ先を裏返しリバーシブルを見せます。

15.帯を時計回りに回します

結び目と帯の後ろ下を持って、帯を時計回りに回します。

16.前姿

リバーシブル帯の特徴を活かした前姿です。

17.羽根の形を整えます

羽根の形をきれいに整えたら、片蝶結びの完成です。

ページトップへ