さが美ホーム > お役立ち情報 > 帯の結び方 > のし結び

帯の結び方 ◆ 着付け小物チェックリストはこちらからダウンロード出来ます。

きものは、帯の結び方によってガラリと着姿が変わるので、同じきものでも様々な楽しみ方ができます。
ここでは、基本的な帯結びである「お太鼓結び」「文庫結び」からアレンジした結び方まで、いろいろな帯結びの種類を紹介します。

着付けをご希望の方・着付けを習いたい方はこちらから >

のし結び

直線と角がシャープな印象を与えます。すっきりとした形が小粋な着こなしにぴったりの帯結びです。
帯の巻き方は右から左に巻く関東風と左から右に巻く関西風があります。ここで紹介する帯結びは、関東風です。
監修・大久保信子(着物スタイリスト)

1.手先の長さを決めます

輪が下になるよう二つ折りにし、て先を60cmくらいとり、帯を二巻きします。

2.手先を上にひと結びします

たれを脇から三角に折り、て先が上にくるよう、帯の上線でギュッと結びます。

3.たれ先を広げます

帯の結び目の位置でたれを広げます。

4.たれ先を反対側に返します

結び目からたれを反対側に返します。

5.左右の羽根をつくります

肩幅くらいの幅で左右の羽根をつくります。

6.たれ先を羽根の下に流します

たれ先は羽根の下にくるように流します。

7.羽根の中心でひだをつくります

羽根の中央にW字型の中山ひだをつくります。
ヒダの凹凸は同じ幅にします。

8.手先を羽根の中心でひと巻きします

手先を下ろし羽根の中央と最初の結び目を一緒に一巻きします。

9.残りの手先を羽根の中心で折り上げます

残りの手先を羽根の中央で斜めに折り上げます。

10.たれ先を手先の間に返します

たれ先を帯幅の半分に折り、折り上げたて先の間に通します。

11.帯を時計回りに回します

羽根の形を整えて、右回りで後ろへ回してできあがりです。

ページトップへ