さが美ホーム > お役立ち情報 > 帯の結び方 > 立て矢結び

帯の結び方 ◆ 着付け小物チェックリストはこちらからダウンロード出来ます。

きものは、帯の結び方によってガラリと着姿が変わるので、同じきものでも様々な楽しみ方ができます。
ここでは、基本的な帯結びである「お太鼓結び」「文庫結び」からアレンジした結び方まで、いろいろな帯結びの種類を紹介します。

着付けをご希望の方・着付けを習いたい方はこちらから >

立て矢結び(振袖)

斜めに蝶結びしたような立て矢結びは、立体感があって、すごくゴージャスなイメージ。シンプルな柄行きのふり袖によく似合います。
華やかさをアピール、背の高い人に最適にもおすすめです。

1.手先の長さを決めます

帯板は先にあて、柄止まりは左脇に合わせ手先を上にしてふた巻きします。

2.たれ先を三角に折り上げます

結び目を細く締めやすくするため、脇を三角に折り上げます。

3.手先を上にひと結びします

手先は3つ折りにし、帯の上線で手先が上にくるようにひと結びします。

4.たれを広げます

たれを広げます。

5.羽根の大きさを決めます

たれを折り羽根の大きさを決めます。上羽根は左肩から5センチくらい、下羽根をお端折(おはしょり)の下線に決め、たれ先を内側に折り込みます。

6.たれ先で羽根をつくります

巻いたタオルを羽根と平行に羽根の間に入れます。


・帯枕よりもタオルをくるくる巻いた手作り枕の方が安定します。

7.羽根の中心をとります

中のタオルを軸にして、羽根の中心を作ります。

8.羽根を紐で固定します

紐を下から上に、たすきかけのようにして固定します。

9.帯揚げを結びます

羽根の中心に帯揚げをかけ前で結び、手先を下ろします。

10.余った手先を帯の中に入れ込みます

余った手先は外側に巻き、帯の上線から中に入れ込みます。


・手先を帯の中に入れることにより結びの部分が安定します。

11.帯締めを結びます

羽根の下部分の手先に帯締めを通して前で結びます。

12.形を整えます

羽根の形を整えたら、キレイな立て矢結びのできあがりです。

ページトップへ